我が家は小さな会社を営んでいますが、このたび格安税理士に変更する事にしました。

理由は、税理士へ支払う決算料が大幅に違うという事と、格安だからといって品質に大きな差がないと考えたためです。

実際に会計事務所に見積依頼して思ったのが、同じ内容の仕事でここまで料金が違うのかと正直驚きました。そこで今までとお願いをする内容が同じで経費の削減ができるならと思い、格安料金で決算を引き受けてくれる税理士へ変更をする事になったのです。

会社を始めた頃は自分で会計ソフトを使い経理をしていましたが、営業と経理を両立するとなると苦労も多く、この領収書はどこに記載したら良いのか、これは経費として処理できるものなのかと分らない事も沢山ありました。

やはり分かる人に直接聞いて教えて頂く事で始めて分かる事や知る事もあり大変勉強になりました。

格安料金の税理士というと悪いイメージを持たれることが多いですが、必ずしも安かろう悪かろうという訳ではなく、自社に必要のないサービスをカットすれば顧問料の金額も低くなるので、会計事務所と交渉をする際は、単純に料金の値下げ交渉をするのではなく、サービスの質を落とさない形で値下げ交渉しましょう。